1. ホーム
  2. 今月のニュース
  3. QRコードを利用したコンビニ納付手続の開始について

2019年1月 QRコードを利用したコンビニ納付手続の開始について

平成31年1月4日より、QRコードを利用したコンビニ納付手続が可能となりました。コンビニエンスストアの窓口で納付するコンビニ納付では、従来、税務署から交付又は送付されたバーコード付きの納付書がなければ利用できませんでした。自宅等において納付に必要な情報(氏名や税額など)を「QRコード」(PDFファイル)として作成・出力することにより可能となります。

【対象となる税目】

全ての税目

ただし、所得税徴収高計算書により源泉所得税を納付する場合等、利用できない税目があります。

【利用可能額】

30万円以下

【具体的な利用方法】

  • 自宅等で作成・出力した「QRコード」(PDFファイル)をコンビニ店舗に持参
  • キオスク端末*に「QRコード」を読み取らせることによりバーコード(納付書)を出力
  • バーコード(納付書)によりレジでの納付

*「ORコード」を読み込む機械が必要であるため、利用できるコンビニエンスストアが限定されています。

<利用可能なコンビニエンスストア>

「Loppi」端末を設置している店舗(ローソン、ナチュラルローソン、ミニストップ)又は、「Famiポート」端末を設置している店舗(ファミリーマート)です。

【注意事項】

・領収証書は発行されません。(払込金受領証は発行されます。)領収証書が必要な方は、最寄りの金融機関または所轄の税務署の窓口で納付して下さい。(金融機関及び税務署ではQRコードによる納付はできません)

・コンビニエンスストアの窓口での納付についてはクレジットカード、電子マネーは利用できません。

・コンビニ納付をした場合には、納税証明書の発行が可能となるまで、3週間程度かかる場合があります。

詳しくは、国税庁ホームページ(www.nta.go.jp)をご覧ください。

ページ上部に戻る